プロミスで融資を申し込む場合に気をつけたい部分のひとつに、「いくらの金額で申し込むか」というものがあります。たとえばプロミスでは最高で500万円まで融資を受けることができますが、いきなりこの金額で融資を申し込んでも審査にはまず通らないでしょう。

そもそもプロミスは総量規制の対象となる融資を行っていますので、500万円の融資を受けるためには年収は最低でも1500万円必要です。

いきなり500万円の融資を申し込むことは現実的ではないまでも、プロミスに融資を申し込む金額としてはやはり必要最小限の金額にとどめておいた方が良いでしょう。

プロミスでは融資を行うかどうかを判断することを目的として審査を行っていますが、高額の融資を行う場合にはどうしても審査基準のハードルは高くなります。審査基準が厳格になればそれだけ審査にかかるスピードにも影響を及ぼすことになりますので、プロミスの特徴のひとつである「即日融資」についても対応ができなくなる可能性も出てきます。

また、プロミスで融資を行ううえで重視されるのが「信用」です。まだプロミスと取引をしていない段階であまりにも高額の融資を申し込まれたとしても、プロミスからすればその人に対する信用度が低いため審査に通らない可能性は十分にあります。

こうした理由からも、最初にプロミスに融資を申し込むということであればあまり高額の金額で申し込むことはせず、必要最小限の金額で申し込むようにしましょう。

では具体的にはどれぐらいの金額であれば良いのでしょうか。最も無難な金額については10万円というのがひとつの目安と考えることができます。

もちろんこれは、会社員として働いている人、パートやアルバイトで収入を得ている人など、申し込んできた人の状況によって異なりますので、一概に10万円というわけではありません。プロミスの審査に通る可能性を高めるためには、こうした申し込む金額についても考えておく必要があります。