プロミスで融資を受けるためには審査に通ることが条件となります。誰でも手軽に申し込めるのがプロミスの特徴ではありますが、それでも審査となればやはり不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

 

『収入が少ないから審査が不安だわ・・・』


とはいえ、プロミスの審査基準を確認してみるとそれほど不安に感じる必要はありません。まず、プロミスの審査で確認される項目についてですが主に以下のような内容となっています。

 

  • 収入の安定性
  • 既存の借入の有無

安定収入はカードローン申込みに絶対の条件

このうち、収入の安定性についてですが、これは毎月一定の収入があれば特に問題はありません。プロミスの場合、パートやアルバイトで収入を得ているという人であっても安定した収入があれば融資を受けることができます

 

『パートでもいいのね^^』


必ずしも正社員や公務員でなければプロミスを利用してお金を借りることができないというわけではありませんので、その点については安心して申し込むことができるといえるでしょう。

他社の借入状況ももちろん審査に影響する

次に既存の借入の有無についてですが、この場合既存の借入状況によって異なります。たとえば現在プロミス以外からキャッシングの利用がないという場合は、審査においてはそれほど不安に感じることはありません。

しかし、既に別の業者からキャッシングを利用しているという場合には、既存の借入の金額やそれに対する返済状況について審査が行われます。

 

『Aコムから借入が40万円あるけど大丈夫かな・・・』


もっとも、この場合でも毎月きちんと返済しており既存の融資残高が順調に減っていればプロミスの審査では大きな問題にはなりません。

もちろん既にいくらかの借入がありますのでプロミスで融資可能な金額については既存の借入が無い人に比べると少なくなりますが、融資を受けることができないというわけではありません。またそれを見越してプロミスに融資を申し込む際にはあまり高額の金額で申し込まず、

 

必要最小限の金額で申し込むということも大切です。


毎月の収入と既存の借入に対する返済が安定した状態であれば審査についてもそれほど不安に感じることはないでしょう。