プロミスの審査に通らなかったら

プロミスは誰でも手軽に申し込むことができるものの、その後実際にお金を借りることができるかどうかはまた違う話です。審査の結果プロミスから融資を受けることができないという結果に終わるということも少なくありません。こうした場合でもプロミスの担当者から

 

何故審査に通らなかったのかということを説明してもらうことはできません。


なので、実際にはどういった要因で審査に通らなかったのかを知ることはできないということになります。いずれにしてもプロミスの審査に通らなかった結果が覆る事はありませんので、その部分ばかりにこだわらずに次の手を考えましょう。

なぜ審査に通らなかった理由は説明されないのか?

もしもプロミスの審査に通らなかった場合、その理由を聞いても説明してもらうことはできません。なぜプロミスの担当者は審査結果についての説明をしないのかという事ですが、ひとつは審査結果というものは審査基準と大きく関係しているという理由が考えられます。

 

信用情報に問題があったのかなぁ・・・


プロミスの審査基準は企業秘密となっており、一般的に公になっているものではありませんが、審査に通らなかった理由の説明があれば、どういった部分をプロミスが重視しているのかという傾向を探ることができます。

 

信用情報機関にある本人の情報開示は可能です。


そのため、プロミスでは審査の公平性を期すために審査に通らなかった理由の説明をせず、ただ結果のみ話しているのです。

プロミスの審査に通らなかった場合の対処

残念ながらプロミスに申し込んだものの、借入を受けることができなかった場合、まずやるべきことは自身の状況を見なおしてみることです。審査に通らなかった場合、必ず何らかの要因がありますので、それを自身の状況を客観的に見直してその理由を考えます。例えば

 

  • 既存の借入金額や件数が多い場合
  • 過去のカードローンの利用時において返済の滞納があった場合

などは、プロミスの審査に通らない要因として代表的なものといえます。もしも自身の状況を見直してみてこうした実績があった場合には、まずは少しでも返済して既存の借入残高を減らすといった対策をとることが大切です。

いずれにしてもプロミスの審査に通らなかったからといってすぐに別の業者に申し込むということはせず、じっくりと自身の状況と向き合う時間を作るようにしましょう。

審査に通らなかった場合には、とにかく焦らずに自身の状況が改善できるように体制を整えるということ、これが最も肝心なポイントとなります。