プロミスの審査で必要な書類

プロミスで融資を申し込んだ場合には同時に用意しておかなければならないものがあります。必ず用意しておかないといけないものとなっているのが本人確認書類です。これは

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証とプラス1点(例:住民票)

などのように、公的な機関が発行した身分証明書であり、この書類が用意できない人は基本的にはプロミスで融資を申し込むことはできません。プロミスの審査では、本人の確認ができる客観的な資料がなければ、融資を行うことができないようになっています。

この他、融資を申し込む金額によっては収入証明書類を用意する必要があります。

 

  • プロミスでは50万円を越えるの融資を申し込んだ場合
  • プロミス以外から融資を受けている場合にその合計金額が100万円を超える場合

に収入証明書の確認を求められます。これに該当しない場合であっても、プロミスが必要と認めた場合には収入証明書を用意しなければならないケースもありますので、高額の融資を申し込む場合には事前に用意しておくと良いでしょう。

プロミスの審査で必要な情報

プロミスで融資を申し込む場合、書類の他にも様々な情報が必要です。たとえば住所や年齢、勤務先などの個人情報をはじめ、

 

  • 既存の借入の有無やその残高
  • 住宅ローンやクレジットカードの支払状況

などがそれに該当します。プロミスの審査では、こうした申込情報をもとに個人信用情報機関などに情報を照会し、こうした情報との整合性をとって能力を判断していきます。中には審査に少しでも有利になるように

 

既存の借入がある事実を伏せて申し込むといったケースもありますが・・・


こうした事実と異なる情報で申し込んだ場合はプロミスの審査にはまず通りません。既存の借入があるからといって必ずしも融資を受けることができないとは限りませんので融資を受けるのであれば事実に即した内容で申し込むことが大切です。

プロミスの審査で確認できない情報

プロミスの審査に必要な書類や情報というものは、融資を行った相手が返済してもらえるかどうかを判断するための材料となるものです。ただし、その中には裏付けをとることが難しい情報というものもあります。

例えばプロミスでお金を借りた後の使用目的や詳細な収入の金額などで収入の金額については収入証明書を確認する事でわかりますが、

 

利用目的については融資を受けたあとに追跡調査などは行われません


ので事実上プロミスが知る方法はないということになります。プロミスでは利用目的は原則として自由ですので、最終的には申し込んできた人のモラルに依存するといえるかもしれません。