融資を行う金額が判断されるプロミスの審査

 

プロミスの審査では申し込んできた人の返済能力を確認します


が、その結果判断されるのは、融資ができるかどうかということに加えていくらまで融資をするのか、ということです。融資を行った結果、その分が確実に返済してもらえるかどうかというのは、実際に融資を行う金額によって変わってきます。

こうした点も含めて判断されるのがプロミスで行われる審査なのです。

融資金額の判断基準

プロミスは消費者金融ですので、融資を行う場合には総量規制の対象となります。そのため、融資可能な金額については申し込んできた人の年収の3分の1までという制限があり、年収の金額に応じて融資可能な金額が変わるという仕組みとなっています。

 

パートやアルバイトで収入を得ている人の場合は・・・


正社員や公務員として働いている人と比較しても年収が低いことから融資を受けることができる金額についてもあまり

 

高額な融資はできないと考えるのがベターです。


それでも即日融資をはじめ、プロミスを利用するメリットには様々なものがありますので、パートやアルバイトで収入を得ている人であっても手軽に申し込むことができるのがプロミスの大きな特徴といえるでしょう。

他社からの借入金額との関係

 

総量規制ではプロミス以外から融資を受けている場合の金額も含めて計算されます


ので、既にプロミス以外の業者から借入を受けていればプロミスから借入可能な金額もそれに応じて少なくなります。

正社員や公務員として働いている人の場合、年収の金額が多い事からその分他社からの借入も多く、プロミス以外からの融資を受けているケースも少なくありません。こうした場合、プロミスから借入を受けることができる金額にも影響が出てくることになります。

プロミスとの取引履歴

プロミスが審査で判断する返済能力とは、必ずしも収入の金額や職業だけというわけではありません。収入の金額や職業などを含めた様々な情報を総合的に判断したうえで信用度がどこまであるか、ということを考えて返済能力を判断します。

 

初めてプロミスに融資を申し込んだ場合は・・・


まだプロミスに対する実績というものがありませんので、信用度も決して高いとはいえません。仮に高い年収を得ていたとしても、信用度が低い相手に対してはプロミスから融資を行う金額についても低額となります。

その後信用度を高めることでプロミスから借入可能な金額も高くなっていきます。