プロミスの審査に通らないケースとは?

プロミスの審査では様々な項目に対して確認が行われますが、返済能力を確認することが目的であることから、審査結果によっては必ずしも希望通りにはならないケースもあります。

消費者金融の中でもプロミスは高い人気がありますが、審査に通るかどうかということについては、実際に融資を申し込んでみなければわからないというのが審査というものです。

 

プロミスの審査に通らない可能性があるケースって・・・


プロミスに申し込むための条件

プロミスで融資を申し込むことができる条件としては、主に以下の2つがあります。

 

  • 20歳~69歳迄であること
  • 本人に毎月安定した収入があること

そのため、この2つの条件はあくまでも最低条件であって、実際にはこの2つを満たしていてもプロミスの審査に通らないケースはままあります。そもそもこの2つの条件は融資を受けるための審査に申し込む条件であり、

 

収入のない専業主婦は申込めないのかしら・・・


それ以外の人については審査すら行われないと考えておいたほうが良いかもしれません。

プロミスの審査に通らない様々な理由

総量規制による理由

プロミスは消費者金融であることから、融資を行うにあたって総量規制が影響します。総量規制では借入残高との総額が年収の3分の1を超える融資はできませんので、安定した収入があったとしても借入可能な限度額に達してしまっている場合には審査には通りません。

 

借入残高÷年収 < 3分の1


プロミスに融資を申し込む場合には、まず自身の借入残高がどの程度なのかをあらかじめ確認しておくことが大切です。

信用情報による理由

プロミスの審査では、個人信用情報機関に登録された信用情報が確認されます。この信用情報には、過去のカードローンの利用状況やクレジットカードの支払状況などが登録されており、この情報を確認することでその人がどのような経歴なのかを調べることができます。

 

信用情報で確認できる過去の利用状況は審査の評価を左右


することになり、たとえば返済を滞納したという情報が登録されている場合には評価は下がりますが逆に利用状況で特に問題がないという場合には評価が高くなることもあります。

収入とのバランスによる理由

希望する金額が総量規制で定める限度額の範囲に収まっていたとしても、収入の金額とのバランスから審査に通らないケースもあります。プロミスの審査は融資を行った相手が返済をしてもらえるかどうかを確認することが目的ですので、

 

希望額より少ない金額で審査に通ることもあるのかなぁ・・・


この場合は返済可能な現実的な範囲での融資金額を提案してもらえる場合がほとんどです。毎月の収入は返済を進めていくうえで重要な要素ですので、プロミスでも収入とのバランスは審査でも確認される項目となっています。