プロミスは誰でも利用できるわけではない

消費者金融大手のプロミスの特徴は、誰もが手軽に申し込むことができるという点にあります。とはいえ、どんな人であってもプロミスを利用して融資を受けることができるというわけではありません。

プロミスを利用してお金を借りることができるのは、あくまでもプロミスの審査基準に適合した人であって、その審査基準に適合しない人の場合は融資を受けることができないということになっています。

この審査基準に適合しているかどうかを判断することが、いわゆるプロミスの審査というわけです。

プロミスの審査に通過するコツとは?

プロミスは誰でも手軽に申し込むことができる特徴こそありますがその後の

 

融資を受けることができるかどうかについては審査によって決定されます。


この審査については多くの人が不安に感じることであり、審査に通るためのコツについてもたくさんの人が気になるところでしょう。まず、審査に通るために最も大切なことは、決して嘘をつかないことです。プロミスに申し込んでその後審査が始まった段階で、

 

申し込んできた人の信用情報はプロミス側で調査を行います。


そのため、本来の年収よりも高い金額や、本来の借入金額よりも低い金額で申し込んだとしても、それが事実であるかどうかは必ず確認されるうえ、もしも事実と異なる場合にはまず審査には通りません。

もしもプロミスの審査に通るためのコツのようなものがあるとすればそれは、

 

  • 必ず嘘をつかないこと
  • 事実に沿った内容で申し込むこと

です。年収や借入金額については審査でも判断される部分なので、評価を高めようということから事実と異なる情報で申し込みたいと考えるケースもあるかもしれませんが、審査に通りたいのであればその内容はどうあれ事実に沿って申し込むことが大切です。

申込前にお借入診断

プロミスのホームページでは、お借入診断というものが用意されています。これは、
<

 

  • 生年月日
  • 年収の金額
  • 既存の借入金額

を入力するだけで融資を受けることができるかどうかを判断することができるものです。あくまでも簡易的な仮審査ですので、ここで融資可能という判断が出たとしても、必ずしも審査に通るというわけではありませんが、本審査に申し込む前にこの借入診断では

 

可能性があるかないかを知ることはできます。


プロミスの融資を行うための条件についても判断することができますので、審査を申し込む前にここで確認しておくと安心です。