プロミスの審査で有利な職業

プロミスの審査では職業の種類によってその評価が大きく左右されます。審査で有利な職業となるのは、やはり安定している職業であり、その意味ではたとえば公務員はプロミスの審査においても最も有利な職業といえます。

 

職業も審査に影響するのかなぁ・・・


また、サラリーマンであっても創業が古く長い歴史をもった企業に勤めている人の方がプロミスの審査でも評価が高くなります。もちろんただ単にこうした組織に属していることだけがプロミスの審査で重視されるというわけではなく、

 

数ある審査項目の中のひとつ


であるということに変わりはありません。しかし、返済能力を判断するうえで職業というものはどうしても大きな影響をもっていますので、その種類についても審査で判断されることになります。

プロミスの審査で好まれない職業

プロミスの審査では、どの程度安定した収入を得ているか、ということが重視されます。これはプロミスで融資を申し込むための条件として毎月安定した収入を得ていることが掲げられている為であり、こうした点はプロミスの審査基準としてとても重要です。

その意味では会社員というのは収入の安定性という点ではプロミスの審査でも申し分ないと思われがちですが、その中身については全く同じというわけではありません。同じ会社員であっても、

 

  • 収入が不安定な職業
  • 創業して間もない企業に勤めている場合

はやはりプロミスの審査でも評価は変わってきます。もちろんこうした企業の規模などでプロミスの審査ですべてが決まるというわけではありませんが、会社員だからといって必ずしもプロミスの審査で有利になるというわけではないという事を理解しておきましょう。

職業と収入との関係

プロミスの審査基準では、勤務先に対する勤続期間というものも重視されており、この点については少しでも長く同じ勤務先で働いている方が審査でも評価が高くなります。

これは勤めている勤務先についてもいえることであり、まだ創業して日が浅い企業の場合は倒産や廃業の可能性が高いことや、正社員として雇用されていても解雇されるケースが多いことが考えられます。

 

プロミスの審査では収入の安定性が重要となっています


ので、やはり収入が不安定だと判断される要素があった場合には、審査でも評価に影響します。職業についてはすぐに変えることが難しいものの、プロミスの審査基準として職業も重視される傾向にあることを踏まえて最適な借入ができるように考えることが大切です。