プロミスではその使用目的について特に制限がないことも人気のひとつです。ただし、どんな使用目的であってもプロミスの審査に影響がないのかといえば決してそうではありません。

ここでは、プロミスの審査においてNGといえる使用目的について紹介します。

プロミスの認めない使用目的は?

まず、プロミスでは「事業性資金」としての融資は使用目的として認めていませんので、この目的で申し込んだ場合は審査には通りません。たとえば

 

自営業などをしていてその運転資金としての利用はできない


ということになります。この点はプロミスの利用規程に記載されているものとなっていますので、特に問題はないと思いますが次に問題となるのが以下の使用目的です。

 

  • 生活費の利用
  • ギャンブルへの利用
  • 風俗店への利用

 

えっ!生活費もだめなの??


ここでいう「生活費」とは、水道代や光熱費などいわゆる公共料金と呼ばれるものです。

 

公共料金の支払いができないほどの状況では、融資を行っても返済ができない可能性が高いと判断されてしまうことがあります。


ギャンブルや風俗店を利用するための費用はもっての外

また、ギャンブルや風俗店を利用するための費用としてプロミスから借入を受けるというのも利用目的としては不適とされています。

もちろんプロミスに申し込む際にギャンブルに利用する、風俗通いに利用する、といった旨で申告しない限りはその利用目的がプロミスに知られるといったことはありません。

そのため、別の目的を伝えてプロミスから融資を受ける方がいることは事実です。ただし、ギャンブルなどに利用している人の傾向として

 

一日に何度もプロミスから借入を受ける


というものがあります。プロミスとしても利用状況を把握していますので、短期間に何度も借入があり返済は毎回約定額のみの返済、という状況の人は「要注意」と判断されることがあります。

こうした人の場合はその後の増額を申し込んでもその後の審査に通ることはほとんどありません。プロミスの考える「利用は計画的に」というスタンスに適合している人は「信用される人」であり、そういう人が結果的に審査にも通る人といえます。