プロミスの審査で収入証明が必要な場合

プロミスが融資を行う場合、総量規制の規定が適用されますので、年収の3分の1を超えて借入を受けることはできません。そのため、プロミスの審査では収入の金額と現在の借入金額についての確認を重視しています。

 

  • プロミスでは借入希望額が50万円を超える場合
  • 既存の借入金額の合計が100万円を超える場合

に収入証明書の提出を求めています。プロミスが収入証明書を確認する目的は、総量規制で定める限度額の範囲内に既存の借入金額が収まっているか、そして高額の融資となった場合に返済が問題なく行えるかどうかを判断することにあります。

プロミスの審査で利用できる収入証明書

プロミスの審査で収入証明書の提出を求められた場合、

 

  • 源泉徴収票や確定申告書
  • 直近2ヶ月分の給与明細

のいずれかを用意する必要があります。確定申告書については基本的には自営業者などの個人事業主でなければ用意できないため、サラリーマンなどの給与所得者の場合は源泉徴収票が最も一般的な収入証明書となるのではないでしょうか。収入の金額を確認して

 

総量規制の定める収入の範囲に収まっていない場合は・・・


適正な範囲で融資を行うか或は融資が不可能という判断になるかのどちらかとなります。いずれにしても高額の融資を受ける場合にはこうした書類は必ず用意しなければならないものであり、直ぐに用意することが難しい書類ですので事前に用意しておくと安心です。

収入証明書を出しても審査に通るとは限らない

プロミスの審査では、50万円を越えるの融資を受ける場合か既存の借入金額の合計が100万円を超える場合に収入証明書が必要となります。

ここでのポイントは、収入証明書を提出したから審査に通るということではなく、審査手続きを進めるうえでこうした書類が必要であるという点です。収入証明書の内容をもとに申し込んできた

 

  • 借入希望額が適切な範囲なのかどうか
  • 返済能力については問題がないか

こうした点をプロミスの審査では詳しく確認します。そのため、収入証明書を提出したからといってそれがそのまま審査に通るというわけではなく、審査を進めるうえでの新たな判断材料として利用されると考えておいた方が良いでしょう。

また、本人が認識している以上に収入の金額が多い場合もありますので、このような場合には総量規制で定める限度額も多くなり、結果的にプロミスで借入可能な金額も多くなるといったケースもあります。