プロミスの利用と職業

プロミスの審査では職業についての確認も行われます。一言で職業といっても様々なものがありますので、給与の高い職業もあれば勤務時間が長い職業などいろいろです。しかし、プロミスの審査においては職業についての判断基準は収入が

 

どの程度安定しているかという点です。


いくら一ヶ月の給与が高くてもそれが安定したものでなければプロミスの審査では評価は低くなりますし、逆に毎月の給与が少なくても収入が安定していればプロミスの審査でも評価は高くなります。

収入の安定性とは?

プロミスの審査における収入の安定性は、ただ毎月給与収入があるというだけではありません。毎月の収入の金額にほとんど違いがない、ということが重要となっています。

 

ある月は収入が高いものの別の月は低い・・・


といったように、一年を通してみると年収の金額としてはそれなりにあるものの、

 

その月によって収入も金額が不安定な場合には収入が安定しているとはいえません。


これは、プロミスで融資を受けたあとの返済を毎月行っていく必要があるためで、毎月の返済というものは毎月の収入から行っていくことから、収入の金額についても毎月安定した状態でなければ返済能力も低いと判断されてしまいます。

収入の安定性はどうやって判断しているのか?

プロミスの審査では毎月の収入がどの程度安定しているのか、ということについての判断材料となるのが申込時に登録する勤務先です。プロミスでは審査の中で勤務先への在籍確認を行っており、これは申し込んできた人がその勤務先における

 

勤務実態があるかどうかを調べ詐欺行為を未然に防ぐ事を目的としていますが電話連絡以外の方法で相談することは可能です。


そのため、勤務先欄はプロミスに融資を申し込んだ際に必須の入力項目となっているのですが、ここに登録された勤務先からプロミスでは収入がどの程度安定しているのか、ということを判断しています。

たとえば公務員や正社員などは収入の安定性という点ではプロミスの審査でも評価は高くなるものの、時給で収入が計算されるパートやアルバイトの場合はこうした職業の人に比べて収入は不安定となります。

 

さらに自営業で生計を立てている人の場合は収入の安定性はさらに低くなる


ことから、プロミスの審査でも融資を行うかどうか慎重な判断が行われることになります。その後の返済のことを考えると収入が安定している方が安心できるのはプロミスも利用者も同じであるといえるでしょう。