総量規制について

プロミスから融資を受ける場合に実際に借りることができる金額は、総量規制という法律によって規制されており借入可能な限度額が決められています。この総量規制では年収の3分の1までが融資可能な限度額として設定されており、プロミスから融資を受けることができる金額についてもそれに準じています。

 

最大で500万円まで融資が可能なプロミスですが・・・


実際にそこまでの金額を借りるためには最低でも1,500万円の収入が必要ということになりますので、この最大融資可能額については現実的な数字ではないといえるでしょう。総量規制の目的は、消費者金融などからの多重債務者を救済することにあり、

 

借りすぎを防ぐことが大きなテーマ


となっていることからこのような制限となっているのです。

総量規制の規定以上に融資を受けることができる場合

総量規制には例外規定というものもあり、この例外規定に適合する場合は総量規制の制限を超えて融資を受けることができます。たとえば、おまとめローンのように利用者にとって一方的に有利となる借り換えをプロミスを利用して行う場合には

 

年収の3分の1を超えての融資も可能になります。


プロミスの最大融資額が500万円となっているものの現実にそこまでの金額を借りることができる人は総量規制の関係からほとんどいないと思われがちですが、この例外規定が適用されれば500万円という金額にも

 

おまとめローンなら・・・


現実味を帯びてきます。もちろん総量規制の例外規定が適用されることとプロミスで高額の融資が受けられることとはまた別の話ですので、実際に融資を受けることができるかどうかはプロミスの審査で判断されます。

総量規制の制限に達するとどうなる?

プロミスでは年収の3分の1の金額を超えて融資を受けることはできません。これはプロミス一社だけでなく、消費者金融業者全体から借入を受けている金額が年収の3分の1に達した場合に、それ以上融資を受けることができなくなるという意味です。

プロミスでは初回の申込でいきなり総量規制の定める限度額まで融資を行うことは基本的にはありませんので、他の消費者金融業者からも借入を受けることができる余地が残ります。しかし、

 

他社からの借入も増えてくると総量規制の制限に達する可能性も高くなります


ので、プロミスをはじめとする消費者金融の利用では限度額いっぱいまで借入を受けることは避けた方が良いでしょう。また、返済を進めて少しでも借入残高を減らしておくことも大切です。