プロミスの審査で嘘はNG

プロミスで融資を受ける際に絶対にしてはいけないことのひとつが、申し込む内容について事実と異なる情報で申し込むということです。つまり、嘘をついてプロミスに申し込むということですが、プロミスでお金を借りようと考えた際に、

 

少しでも審査で評価を高くしてもらおうと考えるのは・・・


むしろ自然なことといえるかもしれません。とはいえ、プロミスの審査の目的は融資を行った後にきちんと返済をしてもらえるかどうかということを確認することにありますので、事実と異なる嘘の情報で申し込んだ相手に対して融資を行うことはまずありません。

そのため、プロミスで確実にお金を借りたいということであれば、むしろ事実に沿った内容で申し込むべきであるといえるでしょう。

プロミスで嘘の情報で申し込んでもすぐにばれる

事実と異なる情報で申し込む場合、最も多いケースといえるのが既に借入がたくさんあるにももかかわらず、その事実を伏せて申し込む場合です。プロミスの審査では、個人信用情報機関に情報を問い合わせて裏付けを行っており、この個人信用情報機関には

 

  • カードローンの契約状況
  • クレジットカードの利用状況

なども登録されていますので、ここに情報を照合することで事実確認ができます。そのため、既存の借入がある事実を隠して申し込んだ場合でも、それが事実かどうかはすぐに確認されてしまいます。同様に、勤務先や年収の金額などもプロミスでは

 

  • 勤務先への在籍確認
  • 収入証明書の確認

などを行っていますので、その情報が事実かどうかはすぐにわかります。プロミスでは本人確認書類の提出が必須ですので、年齢や住所をごまかして申し込むこともできません。

記入ミスも事実と異なる情報とみなされる

プロミスの審査に申し込む際にもうひとつ注意したいのが記入ミスです。本人からすれば特に嘘をつく意思がなかったとしても、記入ミスの内容によってはプロミスでは事実と異なる情報として申し込んだと判断されることがあります。プロミスからすれば、記入ミスが

 

  • 故意なのか・・・
  • うっかり間違えたのか・・・

判断することができないためであり、きちんと審査を進めることができなくなります。

自身の状況を正確に把握し、その内容をもとに申し込んで初めてプロミスの審査は正しく手続きが行われるものです。本人からすればちょっとした間違いであったとしてもプロミスの審査では融資が受けられない結果につながる可能性がある事も理解しておくことです。