プロミスではインターネットだけで申し込みから契約まで進めることができますが、完全にインターネットの手続きのみ、というわけではありません。特に多くの人が気になるのが

 

「電話連絡」があるかどうか?


という点です。この点については結論からいくと

 

「電話連絡はあります」


ただし、プロミスからの電話連絡についてはその内容を知っておくとそれほど不安に感じることはないでしょう。また、電話連絡が入るのはプロミスの中での審査手続きがほぼ完了し、最終段階である場合がほとんどなので、電話連絡が入るということは融資が可能な状態に近づいていると考えて良いと思います。

電話をするということはプロミス側にとってもコスト(電話代)などがかかることから確度の低い相手にわざわざ連絡をするということはありません。さて、そんなプロミスからの電話連絡ですが具体的には以下のようなことの確認が行われます。

 

  • 申し込んできた人が本人かどうかの確認
  • プロミスで融資を受けるかどうかの意思確認
  • 他社からの借入の有無

このうち、3点めの「他社からの借入の有無」についてはWEBからの申込時に明確な情報を申告しており、審査段階で問題ないと判断されていれば確認されることはありません。そのため、プロミスからの電話連絡の目的としては本当にプロミスと契約をする意思があるかどうかの最終確認という意味が大きいといえます。

また、申し込んできた本人かどうかというのはWEBからの申し込みにおいて身分証明書も提出することになりますので、それで可能と考えることができますが、それと共に「連絡が可能な電話番号」を確認しておきたい、という目的もあります。

プロミスにとっては電話連絡をするということは先述の通りほぼ融資可能な状態になっているため、その後の借入や返済などの取引についても視野に入れたものといえます。いずれにしても、それほど難しい質問をされるということはありませんので、プロミスから電話が入っても不安に感じることはないでしょう。